早池峰山と高山植物その2

2020.06.30 Tuesday 16:12
2

UGEMテーマ:日記・一般

 

 

早池峰山頂上と避難小屋。

登山ルートになっている河原坊コースは、現在も通行止めのままです。

2016年5月の大雨で登山道が大規模に崩壊しました。

小田越コースは大丈夫です。

 

 

登山道のコメガモリ沢はこのような沢筋ですので、一気に増水し土砂崩れになったのでしょう。

涸れた沢をグングン上り詰めていくとやがて頂上です。

 

 

頂上直下の岩間のミヤマアズマギクのお花畑。

こんなに傾斜がきつくてもわずかな土があれば咲いています。

 

 

葉が輪生しているのですぐ分かります。

東北の高山の草原ではよく見ることができます。

 (下向きに咲くクルマユリ)

 

 

ミヤマアケボノソウはがく片が鋭く尖っています。

触ると痛そうです。

 

 

キクの仲間で、ミヤマアズマギクとウサギギクは最も高いところに分布しています。

これはミヤマアズマギクです。

 

 

♪夏の蔵王の歌、「ミヤマオダマキ咲いていたぁ・・・あの岩陰も今は雪・・・」の歌詞です。

その昔、歌声喫茶で登山グループによくリクエストされていました。

歌声喫茶全盛の頃の歌といえば、ロシア民謡と山の歌がよく歌われていました。

 

白色のミヤマオダマキ・・・・可憐です。

 

 

大雑把に咲くので見過ごされやすいミヤマシシウド。

高山の日当たりの良い草原でよく見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category: | by:ルーチェパパcomments(0) | -

スポンサーサイト

2020.07.16 Thursday 16:12
0
    category:- | by:スポンサードリンク | - | -
    Comment








       

    PR
    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM